注文住宅のよくある失敗例と対策を紹介!失敗しない注文住宅の建て方

公開日: 2023/04/17
住宅

注文住宅を建設する際は、しっかりと検討することが重要です。住宅は非常に高価な買い物なので、可能な限り失敗は避けたいものです。これからのライフステージで起こりうることを想定して、設計しなければなりません。この記事では、注文住宅でよくある失敗と、対策について詳しく解説します。

注文住宅を建てる際に避けたい失敗例とは

注文住宅の設計で失敗するパターンを知っておくと、何に注意しなければならないかがわかります。設計上で踏まえなければならないポイントがわかるので、快適で長く住める住宅を建築できるでしょう。ここでは、注文住宅で避けたい失敗例を紹介します。

間取り

注文住宅の設計で、一番失敗が多いのが間取りです。必要な部屋や、設備の配置を考慮しなかった失敗が多いです。具体的には、子ども部屋が足りないという失敗があります。

夫と妻のふたりだけでなく、子どもができたことを想定しない間取りで設計してしまった場合、子どもが暮らす部屋がありません。子どもが小さいうちは問題ありませんが、思春期などの多感な時期を、親の目にさらされて過ごすのに抵抗を感じる子どもも多いでしょう。

収納

家族が快適に過ごすには、余裕を持たせた収納が必要です。収納が不足し、失敗と感じるケースは非常に多いためです。とくに、キッチンの収納が足りないと、家事がスムーズにできません。

キッチンの収納が不足していると、冷蔵庫、まな板、コンロ、収納の導線を効率的につなげられず、非効率になり疲れてしまいます。また、玄関の収納も必要です。両親のふたりだけであれば、それほど必要ではありません。

しかし、子どもができると、ベビーカーや野球のバット、家族分の靴など、多くの収納が必要です。なんとか玄関に置けたとしても、靴の着脱、玄関からの出入りが不便になり、快適に使用できません。収納の量だけでなく、場所で失敗する例も多く見られます。

収納場所が広くても、使う場所から遠いと時間がかかり不便です。掃除機は、使用場所であるリビングなどに設置したいところですが、遠く離れた何度まで取りに行かなければならない場合、掃除をはじめるのに時間がかかってしまいます。

その結果、掃除するのが面倒になるため、清掃頻度が低くなりかねません。駐車場や駐輪場のスペースを狭く設計してしまうことも、よく見られます。一般的に、家族が多くなるほど、大きなサイズの自動車が必要です。

家族が多くなることを想定していないと、大きな自動車を購入できずに失敗します。また、駐輪場が狭いと、多くの自転車を止められなくなります。さらに、子どもの成長とともに、バイクを駐車することも想定して設計していないと、不便になることがあります。

失敗しない注文住宅のために必要なポイント

では、失敗しない設計にするために、何に気をつけなければならないのでしょうか。失敗しないために、必要な設計を紹介します。

間取り

失敗しないために、間取りをしっかりと考える必要があります。まず、最初から、将来的に子ども部屋にする部屋を用意しましょう。そのために、最初から子ども部屋をつくるか、応接間などをつくり、子どもが大きくなったら子ども部屋に転用するのがよいでしょう。

思春期の子どもは繊細であるため、子ども部屋を確保することをおすすめします。また、ウォークインクローゼットは魅力的ですが、歩行するための通路が必要です。スペースの割に収納が少なくなる可能性もあるため、よく考慮して設計することが重要です。

収納を増やす

家族が余裕を持って過ごすために、収納を増やしましょう。収納は、基本的に使う場所の近くに配置することを考えます。キッチンの収納は、冷蔵庫、まな板、コンロ、収納の導線を考え、適切な位置に十分な大きさで配置しましょう。

料理はほぼ毎日行うため、効率的な料理ができると家事全体の時間短縮が可能です。玄関の収納は、子どもができることを考慮し、大きめに設置することが必要です。さらに、玄関は、靴の収納と着脱、玄関からの出入りが快適にできることを考慮して設計しなければなりません。

とくに、ベビーカーの場所を確保できるのが理想です。駐車場や駐輪場のスペースを広く確保することも重要です。十分な収納は快適な生活に欠かせないため、将来を見越した広めのスペースを取りましょう。

注文住宅での失敗を防ぐために知っておきたいこと

注文住宅で失敗しないためには、ライフステージの変化を考慮し、設計することです。とくに子どもが増えることを想定していないことによる失敗は多いです。単純に人数が増えるため、間取りや収納が多く必要になります。

さらに、子どもの成長や、両親の高齢化にともない、住宅へのニーズも変化します。自動車のサイズアップはその典型例です。子どもの自転車は成長とともに大きくなっていき、バイクを欲しがるかもしれません。

両親は、老いにより、体の機能が低下します。収納されたものを取る際に、より浅く、低い収納が必要になるでしょう。

階段が多い家も、高齢の両親には暮らしにくいといえます。以上のように、注文住宅は、家族が増えること、老いに対応できることを考えた、ニーズの変化を考慮した設計にしなければなりません。

まとめ

注文住宅でよくある失敗と、対策について詳しく解説しました。住宅は、非常に高価な買い物であるため、失敗しやすいポイントを押さえて設計し、快適に暮らせるようにしましょう。さらに、注文住宅の設計は、ライフステージの変化に対応できるものでなければなりません。

子どもの成長や、両親の老いの段階により、住宅で必要とされる機能や間取りは変化するからです。この記事を参考にしながら、慎重に計画するようにしましょう。

静岡でおすすめの住宅相談窓口比較表

イメージ
サービス名静岡おうち相談カウンター注文住宅の相談窓口 しずおか葵店スーモカウンターホームズ住まいの窓口イエタテ相談カウンターauka(アウカ)ans(アンズ)
特徴住宅の間取りや見積もりの悩み・不安を大工や住宅営業を経験したプロが解消女性スタッフを中心とした、大手ハウスメーカーから地元の優良工務店まで
比較・検討できる住宅相談窓口
CMで有名なスーモカウンターは家づくり初心者でも無料で利用できるハウジングアドバイザーが中立的な立場からサポートしてくれる家づくりについて無料でとことん相談できるサービスお悩みに合わせて、値段以上の満足度が得られる住宅メーカーを紹介してくれる事前の勉強会と多くの参考事例をもとに、後悔しない家づくりを実現できる。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら